生え際の脱毛にはデュタステリドが一番効く!

多くの人にとって薄毛とは非常に厄介なもの。それが頭皮の念入りな洗浄などで毛穴を綺麗にするだけで改善できればよいのですが、中にはそういった生活習慣や衛生面などのケアでは全く効果が得られないケースも多々見られます。特に昨今注目されているのが男性型脱毛症と呼ばれる病気です。

これは男性ホルモンが過剰に働き過ぎることで、頭髪の成長を阻害する物質が分泌されてしまうことによるものです。そこでこれらの病気に対処すべく、男性ホルモンの過剰な働きを抑える薬も出ています。最も有名なのはフィナステリドという成分を配合したプロペシアやフィンペシアといったものですが、これに加えてデュタステリドと呼ばれる薬もその効果の高さゆえに人気を集めています。

デュタステリドを成分として含んだ飲み薬は特に、生え際部分の薄毛解消に効果が出ると言われています。生え際とは男性ホルモンの影響を特に強く受けやすい部位であり、薄毛に悩まされる多くの人がまずはこの生え際からやられてしまうことが多いもの。そもそも男性ホルモンの中で薄毛に影響を与えるものとしては5アルファリダクターゼの1型と2型が存在します。これらが原因となってDHTという物質を生成することで薄毛が深刻化していくのです。現在の薄毛治療とよく用いられているフィナステリドはこの中の2型に関してのみ抑える効果を持っています。つまり1型に関してはカバーできていないのです。

これに比べてデュタステリドは2型に加えて1型をも抑える効能を持っているのです。これによって取りこぼすことなく5アルファリダクターゼをどちらも抑制できることでDHTの生成を抑え、最も薄毛の進行が早いと言われる生え際にも服用の影響が直接的に反映されるわけです。

デュタステリド内服薬を飲み忘れた場合の影響

発毛効果が高いことで、注目されているデュタステリドは、薬やローションとして売られています。
中でも飲むタイプのものは、体の中からアプローチすることができ人気です。
飲むだけですので手間や時間がかからずに、忙しい方でも続けやすいのが特徴です。
また、服用の仕方もわかりやすくて、すぐになれることができます。
飲むのは1日1錠です。
飲む時間帯も特に決まっていません。
朝でも夜でも構いません。
食後や食間といった指定もありません。
重要なのは一定の時間に、毎日飲み続けることです。
体内に一定間隔でデュタステリドを取り入れていくことがポイントなのです。
そのために、自分で決めた時間に、毎日飲むことが必要になってきます。
例えば忘れにくい寝る前の時間、習慣化しやすい朝食後などでも問題はありません。
しかし、時には飲み屋擦れてしまうこともあります。
そんな時にはどうすればいいのでしょうか。
まずはあわてなくても大丈夫です。
デュタステリドは24時間ごとに飲むことが望ましいのですが、もし忘れてしまった時は、それに気づいた時に飲むようにしましょう。
ここからが重要なポイントで、飲み忘れて飲んだ時間から24時間後にまた飲むようにします。
例えば、いつもは朝7時に飲んでいたが、忘れて8時に飲んだとします。
その次の日はいつも通りの7時ではなく、8時を続けることにないます。
大切なのは24時間は空けるということです。
飲み忘れた時でも、その時にすぐ飲めば、大きな悪影響はでません。
できるだけ一定に飲むことを心がければ、多少の時間の差は問題になりません。
ただ、飲み忘れたからと言って、まったく飲まなかったり、逆に2錠服用などの方が副作用をもたらしてしまいます。