デュタステリドとミノキシジルは併用可能なのか

髪の毛の悩みに効果的なのがデュタステリドです。
抜け毛や薄毛に対して、大きな効果をもたらします。
脱毛の原因になるのは5αリダクターゼI型とII型です。
頭皮や毛根に存在して、どちらも髪の毛を無用に脱毛させてしまいます。
他の育毛成分は、どちらかに働きかけて脱毛を抑制する場合が多いです。
しかし、それでは効果を発揮する型ではない、もう1つが原因だった場合には効果が限定的になってしまいまいます。
しかし、このデュタステリドは、どちらにも働きかけて、脱毛を抑制するので多くの方に有効になります。
デュタステリドが配合された育毛剤を選ぶことで、原因を限定しないで多角的にアプローチすることができます。
そのため効果も倍増するのです。
しかし、気になるのが副作用です。
同じ髪の毛の悩みで使われるミノキシジルと併用してしまっても大丈夫なのでしょうか。
ミノキシジルも高い効果で注目されています。
どうせなら、一緒に使った方が効率よいのではないかと考えてしまいます。
確かに、併用すると効果が上がる方もいるようです。
しかし、しっかりとした臨床実験が行われたわけではありません。
あくまでも個人でやってみた感想です。
確実なデータで証明されてはいません。
うまくいった方も、たまたま体質が強かった、髪の毛が反応しただけの可能性もあります。
また、併用で起こるメカニズムもわかっていませんので、安全とは言いきれません。
また、副作用もないとは言い切れないので、あえて危険な冒険をすることはおススメできません。
肝心なのは、どちらでも継続的に続けることが重要です。
それによって発毛環境が変わってくるので、まずは毎日コンスタントに継続することが重要です。

DHTを抑制するにはデュタステリドが最適

男性が頭髪の薄毛を発症させる原因には様々なものがありますが、注目を集めているのが男性型脱毛症と呼ばれる病気です。これは別名AGAという略称でも知られていますが、男性ホルモンが過剰に働くことによって頭髪の成長や発毛を阻害する物質が生成されてしまい、それが進行することで薄毛が広がっていってしまうのです。

こういったAGAを治すためにはまず男性ホルモンの過剰な働きを抑えることから始めなければなりません。この時に重要となってくるのは男性ホルモンの中にある5αリダクターゼという物質です。これが作用することによってやがて頭髪の成長に直接的に影響を及ぼすことになるDHTという物質を分泌することになります。つまりAGAを治すためにはまずこのDHTを抑えなければならず、そのためには5αリダクターゼを抑制するのは欠かせないことなのです。

AGA治療の特効薬としてよく挙げられるフィナステリド配合の薬品が有名です。これらは前立腺肥大症の開発途中に発見された成分であり、服用することによって5αリダクターゼの働きを押しとどめることが可能となります。しかしさらに細かく見ていくと5αリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドが抑制できるのはこの2型だけなのです。

ここで登場するのはデュタステリドという薬品です。これもまた5αリダクターゼを抑制するのに効果を持っていますが、フィナステリドと違うのは、こちらのデュタステリドが2型のみならず1型をも抑えることができるという点です。そのため頭髪の成長を妨げるDHTという物質を分泌させないようにするためにも、このデュタステリドを服用することは大きな効果を持っていると言えるでしょう。

このデュタステリドを成分として含むものには先発薬品のアボダートや、ジェネリック薬品のデュタスがあります。これらを一日一錠ずつ服用することで2、3ヶ月ですぐに効果が出てくるはずです。