デュタステリドとミノキシジルは併用可能なのか

髪の毛の悩みに効果的なのがデュタステリドです。
抜け毛や薄毛に対して、大きな効果をもたらします。
脱毛の原因になるのは5αリダクターゼI型とII型です。
頭皮や毛根に存在して、どちらも髪の毛を無用に脱毛させてしまいます。
他の育毛成分は、どちらかに働きかけて脱毛を抑制する場合が多いです。
しかし、それでは効果を発揮する型ではない、もう1つが原因だった場合には効果が限定的になってしまいまいます。
しかし、このデュタステリドは、どちらにも働きかけて、脱毛を抑制するので多くの方に有効になります。
デュタステリドが配合された育毛剤を選ぶことで、原因を限定しないで多角的にアプローチすることができます。
そのため効果も倍増するのです。
しかし、気になるのが副作用です。
同じ髪の毛の悩みで使われるミノキシジルと併用してしまっても大丈夫なのでしょうか。
ミノキシジルも高い効果で注目されています。
どうせなら、一緒に使った方が効率よいのではないかと考えてしまいます。
確かに、併用すると効果が上がる方もいるようです。
しかし、しっかりとした臨床実験が行われたわけではありません。
あくまでも個人でやってみた感想です。
確実なデータで証明されてはいません。
うまくいった方も、たまたま体質が強かった、髪の毛が反応しただけの可能性もあります。
また、併用で起こるメカニズムもわかっていませんので、安全とは言いきれません。
また、副作用もないとは言い切れないので、あえて危険な冒険をすることはおススメできません。
肝心なのは、どちらでも継続的に続けることが重要です。
それによって発毛環境が変わってくるので、まずは毎日コンスタントに継続することが重要です。